News

2018/08/17

◆8月18日よりサルデーニャ州コースがスタートします◆

サルデーニャ島は地中海に浮かぶイタリアで2番目に大きな島。北部にはコルシカ島が間近に位置します。
州の名前の由来は、古代ギリシャ語の「サンダリオン(=サンダル)」。
イタリア半島を人間の脚部に見立てた場合、まるでその足跡のようだったことから呼ばれるようになったそうです。

海からの恩恵を全方面から受けた【サルデーニャ州 郷土料理】がスタート致します。

サルデーニャ州といえば全世界のセレブが訪れる極上のリゾート地として広く知られます。
ヌラーギ遺跡などの古い建造物もそのままの状態で残っており、歴史的な魅力にも溢れています。

魚は、鰯や鮪が有名。カジキマグロの串焼き料理やカラスミ(ボッタルガ)も特徴的です。
島に多く放牧されていることもあり、お肉はやはり羊肉。
チーズも羊乳から作られるペコリーノ・サルドとペコリーノ・ロマーノが代表的です。

パスタも個性が溢れており、粒状の[クスクス]や[フレーゴラ]、リング状に編み込んで作られる[ロリギッタス]、
具材を生地の中に詰める包みパスタで、独特な美しいフォルムが印象的な[クルルジョネス]などが挙げられます。

ドルチェは何といっても【セアダス】が印象的。
原型は5000年以上昔から存在するとも言われており、ヨーロッパ圏最古のドルチェと呼ばれることもあります。

ワイン造りも盛んで、白・赤ともに土着品種を中心としたワインが多く造られています。
中でも爽やかな品種特徴を有する白葡萄【ヴェルメンティーノ】を使用した白ワインは特に人気があります。
メニューに記載はありませんが、ヴェルナッチャ・ディ・オリスターノやサルデーニャのデザートワイン、
ミルトも常時ご用意しております。

サルデーニャ郷土料理は18.08.18(土)~18.10.14(日)予定の期間限定にてご提供させて頂きます。
特に海の食材や羊好きの皆さま、是非お待ちしております。

一覧に戻る