News

2017/05/23

鳩正宗酒造 佐藤企杜氏 × Salotto Cantico 日本酒とお料理を楽しむ会

【日時】 6月17日(土曜)
17:00~開場   ラウンジにてウェルカムドリンク
18:00~スタート リストランテにてお料理と日本酒を堪能

【会費】15000円 
(お料理コース・お飲み物・税・サービス料込) 

お申し込みは、サロット・カンティコ(03-6256-9786)
までお電話いただくか、このページにてお受けいたします。
ご予約確定は、事前のお振込の確認を持って完了となります。

【趣旨】
日本が誇る国酒・日本酒。
この度、酒蔵より蔵元さんをお招きし、その酒に合わせた華やかで繊細なイタリア料理を楽しんでいただく会を開催いたします。
蔵元さんから、日本酒にまつわるお話を聞きながらお酒をいただく、貴重な時間をご提供いたします。


【内容】日本が誇る国酒・日本酒を、酒蔵より蔵元さんをお招きし、イタリアンをベースとした繊細なお料理と日本酒を楽しんでいただく会を開催いたします。
蔵元さんから日本酒にまつわるお話を聞きながら、お酒をいただく、貴重な時間をご提供いたします。
今回は、鳩正宗酒造 佐藤企さんにご来場いただき、「十和田の美酒」のお話、また青森県が開発した酒米「華さやか」のご紹介もいたします。
杜氏と交流しながら、おいしいお料理とお酒をお楽しみください。


【お料理内容】
Salotto CANTICO 立野尚寿シェフが、「十和田の美酒」に合わせたイタリアンのコース料理をご用意いたします。

【お酒の内容】
蔵元さんセレクトの日本酒を4種類、酒米「華さやか」のお酒

【鳩正宗酒造のご紹介】
創業は明治32年、稲本商店醸造部として創業し、創業当時は「稲生正宗」の銘柄で親しまれていましたが、昭和初期、蔵の神棚に棲みついた一羽の白鳩を守り神として大切に飼い、以後も鳩神様として祀り、「鳩正宗」と改名。
十和田市にある蔵で「十和田の美酒」として酒造りをしています。
「地酒は地方食文化の結晶である」を社是とし、八甲田・奥入瀬の伏流水を仕込水に使い、昔ながらの製法にこだわりながら、新しい技術を取り入れて地酒を作り続けています。


【鳩正宗酒造 杜氏 佐藤企さんのご紹介】
佐藤 企さんプロフィール
昭和40年12月23日生まれ
東京農業大学卒業。
鳩正宗酒造の杜氏として酒造り。また、平成16年に十和田市初の南部杜氏となりました。
全国鑑評会では青森県内で最多金賞の実績を誇り、青森県の卓越技能者にも選ばれています。

【Salloto CANTICOのご紹介】
広尾で10年目を迎え、日本でもイタリアンの名店の一つに数えられるインカント。
そのインカントのオーナーソムリエ竹石航氏が、旧赤坂プリンスホテルの跡地に、
ラグジュアリーな中にもクラシックな雰囲気を感じられる「大人の社交場」をコンセプトに
オープンさせたイタリアンレストランが「サロット・カンティコ」です。
ローマの三ツ星「ペルゴラ」出身の立野尚寿シェフの、華やかで美しいプレゼンテーションと繊細ながらしっかりした味付けのお料理で食べ手を魅了しています。

【お振込先】
当日の流れをスムースにするため、恐れ入りますが、会費の事前振込をお願いしております。以下、振込先にお願いします。

〈会費〉
1名様 15000円
※振込手数料(324円)は主催者側で負担します。14676円のお振込みをお願い致します。

〈お振込先〉
三菱東京UFJ銀行
青山支店
普通口座 0341902
カンティコ株式会社

ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください!

一覧に戻る